ウィリアム・シェイクスピアの故郷

スポンサーリンク

シェイクスピアの生家へ


シェイクスピアの生家。

 


生家左隣のシェイクスピアセンターが入口

 


生家の中庭。広い。

 


中庭その2。バラの最盛期に訪れてみたい。

 


スタッフと思われるコスプレ姉さんがカメラに応じてくれた。

 


シェイクスピアの胸像とストラトフォードの街並み。
ちなみに、シェイクスピアさんの頭をなでてもご利益はないと思われ。
この後、生家内は撮影禁止ということを知らされる。

 


生家を出て散策していると、シェイクスピアの作品「お気に召すまま」の銅像が。

 


ストラトフォード・アボン・エイボンの地図。
日本語で「ようこそ」と。
そのうち中国語も追加されるに違いない。

 


二階建ての観光バスが通り過ぎた。

アン・ハザウェイの生家


アン・ハザウェイの生家。
庭がきれい。

 


小さなガラスを組み合わせた窓。

 


室内は撮影禁止だったので出口をパシャリ。
施設の出口には必ずと言っていいほどおみやげ屋さんがある。

   

40ページ近いコンテンツがあります。
お急ぎの方は『ツアー旅行記』メニューから気になる記事をごらん下さいませ。

スポンサーリンク