フランス・ノルマンディ地区の世界遺産1

スポンサーリンク

ホテルからバスでモンサンミッシェルへ


ホテルをチェックアウトし、バスでモンサンミッシェルへ。
対岸地区のホテルだったので、バスに乗っていた時間はほんの10分ほど。
(夏は道路が混むので、もっと時間がかかるそうだ)

 


あ、鳥だ(右上、分かりにくいなぁ)

 


モンサンミッシェル周辺は海のにおい。

 


バス駐車場から入場。

 


それにしても、天気に恵まれた。

 


トイレは有料。
0.4ユーロ。

 


隠しカメラ?

 


有名なオムレツ屋さん、ラ・メール・プーラールの外観。

 


過去にはラ・メール・プーラールに日本の皇族も訪れた。

 


がんばって卵を泡立てるラ・メール・プーラールの従業員さん。

 


王の門。

 


門をくぐるとフランス国旗。
お役所の一部だそう。

 


郵便局。
ここから絵はがきを送るのもステキ。

 


修道院の参道、グランド・リュを歩く。

 


サンピエール教会。
入口にはジャンヌ・ダルク像。

 


見上げると、高い場所にはモヤがかかっている。

 


おもむろに置かれている不思議な像。
沖縄のシーサーみたいな守り神だとか。

   

40ページ近いコンテンツがあります。
お急ぎの方は『ツアー旅行記』メニューから気になる記事をごらん下さいませ。

スポンサーリンク