パリの象徴的な建造物

スポンサーリンク

パリの午後はフリー


またまたお約束の免税店「PARIS LOOK」で解散。
ここから自由行動。

 


ランチは日本語メニューがあるという「LE GRAND CAFE CAPUCINES」へ。

 


ウエイトレスさんに「(メニューは)Spanish? Japanese?」と聞かれた。
どうやら自分の髪型(真っ黒髪+ウェーブ)を見て南米系の人と間違われたらしい。
もちろんスペイン語は分からんので、日本語メニューをもらう。

 


アルコールが飲みたかったが、両替したユーロが残りわずかだったのでミネラルウォーターを注文。

 


メイン+デザートのセットを注文した。
メインディッシュは野菜とチキンの煮込みをチョイス。
チキンがやわらかくて旨みたっぷり。

 


デザートはラズベリーアイスのデザート。
生クリームとメレンゲでデコレーションされている。
さっぱりしていて、いくらでも食べられそうだ。

 


食事を終え、パリ市内を散策。
日本で割りとメジャーなチョコレート店「ピエール・マルコリーニ」をのぞいてみた。

 


ディナーまで時間があるので、メトロで凱旋門に行ってみることにした。

凱旋門に登る


オペラ座からメトロで約30分ほどで凱旋門に到着。

 


せっかくなので凱旋門にも登ってみることにした。
入口は地下。

 


チケットを購入。
さあ、登るぞ。

 


凱旋門にはエレベーターはない。
延々と続く、らせん階段を登り続けるのだ。

 


登る。
ただひたすら。

 


やっとの思いで、写真赤丸の部分に到着。

 


ベンチがあるので、ひと休み。

 


いよいよ凱旋門の屋上へ。

 


凱旋門屋上から眺めるパリ。

 


遠くにサクレ・クール寺院を望む。

 


パリ市内の街路樹も少しずつ色づいている。

 


屋上で禁止行為の看板。
左から2番目は日光浴か???

 


前日登ったエッフェル塔。

 


我々の泊まっているホテルがあるラ・ディファンス地区。
なんだかあそこだけ別世界。
らせん階段を降り地上へ戻る。

 


凱旋門は軍隊の勝利と栄光を称える建造物。
功労者の名前が刻まれる。

 


メトロでいったんホテルに戻る。
さらば凱旋門。

   

40ページ近いコンテンツがあります。
お急ぎの方は『ツアー旅行記』メニューから気になる記事をごらん下さいませ。

スポンサーリンク