フランスの豪華宮殿1

スポンサーリンク

午前中はヴェルサイユ観光


一夜明けホテル朝食。
ツアー客だけ隔離されたか通常の朝食会場とは別の場所。
(値段の差か?)

 


朝食の雰囲気はパリ1泊目(イビス)の方が良かったなぁ。

 


朝食を終えヴェルサイユへ向かう。
運河から水が蒸発して湯気が沸いているみたいだ。

 


セーヌ川では船上で生活をしている人もいる。

 


ホテル発から約3・40分でヴェルサイユへ。

 


お約束の免税店にてトイレ休憩。
いったん宮殿内に入るとトイレを探すのに一苦労だということで。

 


ヴェルサイユも快晴。

 


石畳にはタバコの吸殻が。
パリもそうだったが、歩きタバコ&吸殻ポイ捨てが本当に多い。
ガイドの人いわく「下水が通っているから道端に吸殻を捨てても大丈夫」なのだとか。

ヴェルサイユ入場


ヴェルサイユ宮殿の門が徐々に近づいてきた。

 


ツアー客は団体入口から入る。

 


グループ専用入口。

 


王室礼拝堂。
マリー・アントワネットの結婚式が行われた場所。

 


ヘラクレスの間の天井画。

 


この天井画はフランソワ・ル・モワーヌによるもの。

 


大きな絵画「シモン家の宴」

 


つい、上を向いて歩いてしまう。
但し、フランスの観光地ではスリに注意。

 


天井画やら肖像画やら胸像やら。

 


宮殿はタダでさえ広いのに、さらに広くみせようと騙し絵が。

 


筋骨隆々なルイ14世の像。

 


贅を尽くした装飾。

 


扉も豪華絢爛。

 


角にある青いのが王家の紋章。

 


シャンデリアもゴージャス。

   

40ページ近いコンテンツがあります。
お急ぎの方は『ツアー旅行記』メニューから気になる記事をごらん下さいませ。

スポンサーリンク